×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



塾長 松本 和夫(まつもと かずお)
1970年3月12日生まれ      
元・某武道団体指導者。熊本県在住九州学院高校、駒澤大学経営学部卒業。旅行会社・会社経営・塾経営を経て2006年11月「松本塾」開塾。

今の時代に必要なものは「正義感あふれた人材」

 みなさんは、今の時代に必要なものとは何とお考えですか?やはり先立つもの「お金」や「物」でしょうか?

もちろん、「お金」や「物」は大事なものです。労働し、その見返りとしてお金が入ってくる。そして、そのお金で必要な物を買ったり、家族を養い、幸せな生活ができると誰もが考えます。しかし私は、お金より大事なもの、それは「人」だと私は確信しています。そして、なぜ「人材育成」が重要なのでしょうか?
 
 最近の報道を見ていると本当に悲しくなったり怒りを覚えたり、私は感情の休まる暇がありません。いじめ、自殺、詐欺、殺人・・私達や子供達の住む日本には解決しなくてはならない様々な問題があります。いったい、いつになったらこのような事件がなくなるのでしょうか・・。ある時期から私はこれらの問題には必ず「人」が関わっていることに注目しました。あたりまえのようですが、社会も世の中で起こる問題も必ず「人」が関わっています。そして人間社会には善と悪が必ず混在しています。この善悪はいつの時代でも存在しますし、未来においても無くならないでしょう。ただ、今の時代(一見豊かで幸せそうに思える時代)には善悪のバランスが崩れ、「正直者が馬鹿を見る時代」、「善が少なくなり悪がはびこる時代」になってしまったと思うのです。では、このままでいいのでしょうか?少なくとも私は我慢なりません。私はこれらの問題を解決するには、システムなどを改革したところで解決するはずもなく、善の人間を増やす以外ないと考えています。一人でも多く正義感と優しい心を持ち、また行動力のある人間を育て、そして社会にそんな人が増えれば、必ず平和な社会が実現できると確信しています。

 子供から大人まで「正義感を持った人間」を育てるための教育機関である当塾が、時には拠り所となり、本当に信頼できる仲間づくりの場所として提供していけるならば、と恥ずかしながら私のこれまでに経験したことや私見を元に「人材育成」塾として、また時には「弱者救援機関」として「松本塾」を創立することを決心した次第です。

 縁あって当HPをご覧の皆様、私はこれを生きる使命として全力でやっていきたいと考えています。どうか皆様のご理解をお願い申し上げます。
 HPでは皆様からのご意見やご相談も承っております。私宛のメール、または掲示板にてお願い申し上げます。

「松本塾」・塾長 松本和夫

トップページへ戻る